プラスチック用フィラーの機能と種類一覧

充填剤・フィラー

プラスチックに添加される「フィラー」について紹介します。

充填剤・増量剤

【特徴】
入手しやすく安価

【選定ポイント】
充填剤添加による成形性、成形品の特性への影響が小さい(許容範囲)こと
長期安定性(変色、劣化などの悪影響を及ぼさないこと)

  • 炭酸カルシウム
  • シリカ(二酸化ケイ素)
  • タルク
  • 粘土化合物(クレイ)

補強材(強度向上)

【特徴】
アスペクト比が高い平板状・針状の粒子や繊維

【選定ポイント】
樹脂との分散性、密着性
(プラスチックの種類によっては表面処理グレードを選定)

平板状粒子

  • ガラスフレーク
  • タルク
  • マイカ

針状粒子(ウィスカー)

  • チタン酸カリウム
  • 酸化亜鉛ウィスカー
  • 針状アルミナ
  • ウォラストナイト
  • アパタイト
  • カーボンナノチューブ

繊維状物質(ファイバー)

難燃剤(難燃性向上)

【特徴】
高温で吸熱反応により分解し、燃焼熱を奪う(ex.水酸化マグネシウム)
不燃性のガスや水蒸気を発生し、酸素を遮断(ex.炭酸亜鉛、ハイドロタルサイト)
樹脂表面に不燃性の被膜(チャー)を形成し、酸素の供給を遮断(ex.赤りん)

【選定ポイント】
要求される難燃グレードに応じて難燃剤の種類、添加量を最適化する。

  • 水酸化マグネシウム
  • 水酸化アルミニウム
  • ハイドロタルサイト
  • 酸化アンチモン
  • 赤りん
  • 炭酸亜鉛
  • ホウ酸亜鉛
  • 膨張黒鉛

ガスバリア性付与材

【特徴】
平板状無機フィラー(少量で高いガスバリア性を得られる)

  • クレイ
  • 合成マイカ

紫外線カット材

【特徴】
紫外線を吸収

【選定ポイント】
透明性が必要な場合は、ナノフィラー(ナノ粒子)が用いられる。

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

赤外線カット(熱線カット)材

【特徴】
赤外域に吸収のある化合物

  • ATO(アンチモンドープ酸化スズ)
  • ITO(酸化インジウムスズ)
  • LaB6(六ホウ化ランタン)
  • CWO®︎(セシウムドープ酸化タングステン)
    [CWO:住友金属鉱山株式会社の登録商標]

電磁波カット材

  • フェライト粒子
  • カーボンナノチューブ
  • 金属粒子

X線防護材

  • ビスマス
  • 硫酸バリウム

光反射向上材、光散乱向上材

  • ガラスビーズ
  • 酸化チタン粒子
  • 炭酸カルシウム粉末
  • マイカ粉末
  • アルミニウム粉末
  • 熱伝導率向上
  • アルミナ(Al2O3
  • 窒化アルミニウム(AlN)
  • 窒化ホウ素(BN)

導電性付与剤

  • カーボンブラック
  • グラファイト
  • グラフェン
  • カーボンナノチューブ
  • カーボンファイバー
  • 金属パウダー
  • 金属ファイバー

アンチブロッキング剤(アンチブロッキング性向上)

  • シリカ粒子
  • 炭酸カルシウム粉末
  • タルク

 

 

タイトルとURLをコピーしました